ワンダフル!

ブログに写真がアップできん(´A`;)
文字のみ、失礼。なおったら写真つけますわー。

本日お仕事でした。
仕事やら、なんやかんやでバタバタと。

そして、思う。

そうだ、泣きに行こう。

あ、ストレス解消のため…ですよ?(笑)

レイトの映画行ってきました。
見たのは『僕のワンダフルライフ』

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサ ン。それ以来、1 匹と 1 人は固い絆で結ばれていく。
しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。 ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまう―はずが、彼の愛は不死身だった!
ベイリーはイー サンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。よう やく 3 度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く。

CM見て気にはなってたの。
てか。

これ、泣くよね?泣かないはずないよね?(°ロ°; 三 ;`ロ´)

とCMの段階で気付いてはいたが、まさか、開始5分で泣くとは(笑)

ベイリーの犬生。
・最初は野犬として生まれ、収容所に。そして、名も無いまま、終わる。
・運命の相手、イーサンに出会う
・警察犬シェパードのエリーとしてカルロスと共に「仕事」をする
・人付き合いの苦手なマヤのもとにコーギー、テイノとしてよりそう
・大きくなって持て余され、とうとう捨てられてしまう犬

その犬生ごとに、記憶があり「犬生とは?」と自問自答する。

あぁ、親友のイーサンに会いたい。

彼は何度も犬生をくり返し、大好きな人に出会う。

はい、泣きますよー(笑)
ベイリーの犬生は長めに。後はポン、ポン…と死んでいきます(´A`;)

CMではハートフル映画っぽかったですが、父親がアル中だったり、フットボール選手として有望だったイーサンが、同級生の嫉妬から家に花火を投げ込まれ、逃げる時に足を負傷してしまい、選手生命を断たれたり、運命だ!と信じた彼女とも離れてしまったり…なかなか…ハードよ?(´A`;)

ちょっと引っかかったのが
「病院に行って、帰ってこなかった」
とあり、それは「安楽死」を指しているのだろうなぁ…と。

モヤっとする気持ちがあり、いろいろ調べてみたら、外国では「安楽死」は普通に行われているとのこと。

「人為的に殺す」ではなく「苦しみからの解放」ととらえ「生きる時間」より「生きた内容」を重視する…とのこと。なるほど。

ナナも最後は急に弱ったけれど「安楽死」の選択肢はなかったなぁ。
食べれなくなって、点滴を打ったりはしたけれど、病院に長時間はストレスになるだろうし「最後は家で」は、家族の気持ちだったので、最後は延命はしませんでした。

私が実家に戻って、夕方にご飯を食べ終わった時に亡くなりました。

待っててくれてたのかなぁ…と。


「泣きに行くぞ!」ノルマはクリア(しかも子犬が画面に出ただけで(笑))

評価としては★★★☆☆ですかね。

「無償の愛」は美しいです。



別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

速水ヒロ生誕祭

お弁当~
・いんげんごま和え
・卵焼き
・焼き鳥
・麻婆豆腐

本日…

速水ヒロ誕生日~✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

…ってことで。
行ってきました『速水ヒロ生誕祭』(◍′◡‵◍)

去年は無かったからなぁ。
盛り上がっていきましょーヾ(*゚∀゚)八(゚Д゚*)ノ


①速水ヒロ生誕祭 お礼メッセージ
②共通オープニング+ユニット別 ウェルカムムービー(ヒロ&ユウ)全5話
【0】共通オープニング
【1】ヒロ&ユウ~組合せ決定編~
【2】ヒロ&ユウ~現地到着編~
【3】ヒロ&ユウ~作詞編~
【4】ヒロ&ユウ~ビーチライブ開催編~
【5】ヒロ&ユウ~帰り道編~
③KING OF PRISM ‐PRIDE the HERO-


冒頭でヒロさまが「お仕事お疲れさま!」「がんばってること、知ってるよ」って労ってくれて、客席キャーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w ーーー!!

『見たかコウジ!世界中で一番誕生日を祝われているのは…俺だ!』

アイドルヒロさまから、ブラックヒロさままで(笑)

ヒロさまお誕生日おめでとうございます…キングおめでとうございます( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ


明日も仕事なので(笑)早々撤収。
ヲタクらしく(笑)ケーキ買ってみた。
ツレはアップルパイ買ってた←りんごとぉ~(笑)

再度、おめでとうございます⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾

オイラ、今週いっぱいは頑張れるYO☆←短っ(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

エキジビジョン(映画)



本編の上映後に、プリズムショーのエキシビション「THUNDER STORM SESSION After Party!!!」

エキシビジョンはDJ.COO開催の元、「Over the Sunshine!」や「 LOVE♥MIX」などに加え、ストリート系の3名、仁科カヅキ×香賀美タイガ×大和アレクサンダーらによる本エキシビションだけの「EZ DO DANCE -STREET SPECIAL-」のプリズムショーも披露されます!
その他のプリズムショーは当日までのお楽しみ♡


…本編終わり。そのままエキシビション開始。

ミニCOOさん進行で、トップバッターは…シンちゅあん。キンプリ、キンプラ両方の映像を切り貼り『Over the Sunshine!』→ルヰくんの『pride』→ストリート系3人の『EZ DO DANCE -STREET SPECIAL-』これも切り貼り。でも音声の切り替え違和感なし!違和感あるのはアレクの筋肉の増加やな←キンプリ、キンプラのW映像なので(笑)

ストリート系が暴れて映像に乱れが…って、ここはジョージがネタ扱いの短い『LOVE♥MIX』(笑)

次は…ヒロ?え?オバレ??(°ロ°; 三 ;`ロ´)…と驚くヒマもなく…

『pride by Hiro × koji』キタ━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━ !!!!!

じ(ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(°ロ°; 三 ;`ロ´))

まさか!まさかのっ!

ヒロ「見たかコウジ…今世界で一番幸せなのは速水ヒロ…そう俺だ!!!」

…よかったね!ヒロ!幸せだね!ヒロっ!・゚・(ノД`;)・゚・

『athletic core』も『Flavor』もよかったよー。
でも『pride』のドキドキが止まらねぇwww

最後は若手の『ドラマチックLOVE』でした。

特典は『数量限定オリジナル座席番号入り「Over The Rainbow SUPER LIVE」レプリカチケット』


お値段は2600円。

オバレファンは行くべし!

や、ほんま、ビビった!
泣くか思った(笑)
そのくらい感動した!←情緒不安?(笑)
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

家映画2


湊かなえ第二弾『白雪姫殺人事件』


人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。


美人OLが殺される→社内の人がうっかり外部にポロリ→テレビディレクターは大ネタに浮かれ、twitterに拡散→…え?それは本当のことなの?

『告白』より一転、今風な感じですね。
ネット社会の怖さと言うか「人の心の中に潜んだ闇」のようなものが見え隠れ。
誰もが嘘をつき、その嘘に踊らされ。
「善」と思っていた人は本当に「善」だったのか?

犯人ではないか?…とイニシャルでtwitter投稿され、あっという間に本名、住所、卒業した学校…が判明ヒイィィ(゚ロ゚;三;゚ロ゚)ヒイィィ

犯人は誰?→Sが怪しい→Sって「城野」?→城野が犯人だ!!

…の流れは早い。ネット怖ぇ(´A`;)

ネタバレで言っちゃうと姫野は犯人ではなく、最初に情報をつぶやいたテレビディレクターに今度はネットの矛先が個人情報拡散、怖ぇ。


「告白」に続きの湊かなえ作品でしたが「告白」ほど衝撃的ではなかったですねぇ。なんとなく先が読めるなーと。

役者さんでは「影の薄い・印象に残らない」姫野を演じた井上真央はすごい!
どう考えたって「あの人地味でぇ~」と言う子の方が地味じゃん!…となるのだが、メイクで美人をおさえる…ってすごいな(笑)
引きこもりニートオレっ娘美人の貫地谷しほり可愛かった~(◍′◡‵◍)
菜々緒は…美人で外面いいけど同性、後輩に対してイヤミ満載、嫌われまくり…は似合いすぎやろー(笑)

★★☆☆☆かな。
姫野は姫野で空気読めよ!となる(苦笑)


宮崎帰省中の友達は今日帰ってくる予定もがっつり台風影響で、朝の早めに…

友「…電車が…動いてましぇん。明日…帰れたらイイナ(´A`;)」

と連絡きました(苦笑)

が、がんがれー(゚ロ゚;三;゚ロ゚)
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

家映画1



台風くるとのことなので、引きこもり決定。
おやつと飲み物買って、映画鑑賞。

見たのは松たか子主演『告白』

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。


スマホではなくガラケーだったり、SNSではないところに時代を感じるなぁ。

学級崩壊した教室。いじめ。
中学生って。こんなに危うかったっけ?
もういい年(笑)な自分にはピンとこないが「とりあえず退屈を解消できる矛先」を作りたがるのは、ええ大人でもいてるわな(冷笑)

娘が死んだ。殺された。
未成年は「少年法」により守られる。
死んだ者に対して、なんも罰もないのか?

重い。
ただの復讐劇かと思ったら…重い。

淡々と復讐を進める森口。
この映画のすごいところは

「君は更生できるよ!」

なキレイゴトを言わないこと。
ある意味、ボッコボコですよ(笑)

分かるけど、分かるけどぉぉぉー…な、スカッと感よりは後味の悪さは残りましたね。

映画として、ナンバー1も、ワースト1も取った…ってのは分かるかも。

中だるみもなく見れました。
…が。気分の下り気味な時はより凹むかもです(苦笑)

★★★★☆

芦田愛菜、かわいい。
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 日々楽記 | NEXT