FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ワンダフル!

ブログに写真がアップできん(´A`;)
文字のみ、失礼。なおったら写真つけますわー。

本日お仕事でした。
仕事やら、なんやかんやでバタバタと。

そして、思う。

そうだ、泣きに行こう。

あ、ストレス解消のため…ですよ?(笑)

レイトの映画行ってきました。
見たのは『僕のワンダフルライフ』

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサ ン。それ以来、1 匹と 1 人は固い絆で結ばれていく。
しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。 ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまう―はずが、彼の愛は不死身だった!
ベイリーはイー サンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。よう やく 3 度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く。

CM見て気にはなってたの。
てか。

これ、泣くよね?泣かないはずないよね?(°ロ°; 三 ;`ロ´)

とCMの段階で気付いてはいたが、まさか、開始5分で泣くとは(笑)

ベイリーの犬生。
・最初は野犬として生まれ、収容所に。そして、名も無いまま、終わる。
・運命の相手、イーサンに出会う
・警察犬シェパードのエリーとしてカルロスと共に「仕事」をする
・人付き合いの苦手なマヤのもとにコーギー、テイノとしてよりそう
・大きくなって持て余され、とうとう捨てられてしまう犬

その犬生ごとに、記憶があり「犬生とは?」と自問自答する。

あぁ、親友のイーサンに会いたい。

彼は何度も犬生をくり返し、大好きな人に出会う。

はい、泣きますよー(笑)
ベイリーの犬生は長めに。後はポン、ポン…と死んでいきます(´A`;)

CMではハートフル映画っぽかったですが、父親がアル中だったり、フットボール選手として有望だったイーサンが、同級生の嫉妬から家に花火を投げ込まれ、逃げる時に足を負傷してしまい、選手生命を断たれたり、運命だ!と信じた彼女とも離れてしまったり…なかなか…ハードよ?(´A`;)

ちょっと引っかかったのが
「病院に行って、帰ってこなかった」
とあり、それは「安楽死」を指しているのだろうなぁ…と。

モヤっとする気持ちがあり、いろいろ調べてみたら、外国では「安楽死」は普通に行われているとのこと。

「人為的に殺す」ではなく「苦しみからの解放」ととらえ「生きる時間」より「生きた内容」を重視する…とのこと。なるほど。

ナナも最後は急に弱ったけれど「安楽死」の選択肢はなかったなぁ。
食べれなくなって、点滴を打ったりはしたけれど、病院に長時間はストレスになるだろうし「最後は家で」は、家族の気持ちだったので、最後は延命はしませんでした。

私が実家に戻って、夕方にご飯を食べ終わった時に亡くなりました。

待っててくれてたのかなぁ…と。


「泣きに行くぞ!」ノルマはクリア(しかも子犬が画面に出ただけで(笑))

評価としては★★★☆☆ですかね。

「無償の愛」は美しいです。



別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<台風&選挙 | 日々楽記 | 祈る!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日々楽記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。